今日のイタリア語:Magari

イタリアで子育て

小学2年生の息子のクラスでは、毎週水曜が英語の授業の日。

週に1回2時間の授業を受けます。

「イタリアの小学校英語教育事情」という記事を見つけました。イタリアでは、英語の授業は1年生で週に1時間、2年生は2時間、それ以降は3時間と決まっているらしい。知らなかった(´∀`;)。ちなみに、息子の学校では英語の授業も同じ教室で受けます。

Sponsored link




Mちゃんが英語の授業を怖がるように 

英語を教えるのは、去年息子のクラスの担任だったV先生。

(英語以外の教科は担任のP先生が教えています)

息子はV先生のことが好きですが、一部の生徒や親からは敬遠されています。

確かに、V先生はいかにも数学の先生(去年も数学と英語を担当)といった感じで、すごくキッチリしている...去年は小さな絵まで色塗りをさせられて、我が家でもうんざりしたことが(苦笑)。

でも、厳しすぎる訳でもなく、とても熱心で良い先生だと思います。

しかし、ある日を境に、クラスのMちゃんが「V先生が怖い」と水曜になると泣いて登校を嫌がるようになりました。

1年生の時はV先生と問題なかったはずなのに...

Mちゃんマンマの話によると、英語の授業中、Mちゃんがおしゃべりなど何もしていなかったのに、V先生が(おそらく勘違いして)叱ったと。

V先生の方は全く心当たりがなく、きつく叱った記憶もないとのこと。

でも繊細なMちゃんは火曜の夜から眠れなくなるほどで...

水曜に何とか学校に行っても、1時間目のイタリア語の時間から「もうすぐ英語の授業なのか」と何度も担任のP先生に尋ね、涙を浮かべるようになってしまいました。

Mちゃんマンマからのお願い

水曜は学校にいても何も手がつかないMちゃんは、落ち着いてノートをとることすらできず。

そこでMちゃんマンマからお願いのメッセージが届きました。

「今日の宿題を送ってくれる?」というので、宿題だけをお知らせしたものの、もしや授業のノートの写真も必要かな?と思い質問すると、

Magari di quello fatto in classe

との返事が...

「もしかしたら授業でやったそれ(ノートの写真)も」

もしかしたらって、いるの?いらないの?どっち?

(。´・ω・)?

Magariって言われても...どっち?

私が知っていたMagariは、「多分」とか「もしかしたら」という意味。

でもここで、Mちゃんマンマの言いたかったことは

「授業でやったノートの写真もあればいいな(写真があったら理想的)」

そう、Magariは「願望」を表す言葉でもあったのです。

私、これまでどれだけ勘違いして暮らしてきたのだろうか...

思い込みって怖い(;^ω^)

とにかく、先生方との話し合いにより、Mちゃんはまずは短時間だけ授業に出て、怖くないとならしていく方向に決まったそう。

Mちゃんが元気一杯英語の授業を受けられるようになるまで、これから毎週Mちゃんマンマに英語のノートを送ることになりました。

Mちゃん、無理せず少しずつね!!

ランキングに参加中↓

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました