日本人だからコロナに感染していると息子に言った子が誤解だったと気付いたというが

イタリアで子育て

イタリアでは、親が必ず学校/スクールバスのバス停に子どもを迎えに行かなくてはなりません。

私たち夫婦もいつも通り今日も車で息子を迎えに行き、

車の中で今日の出来事を話し、

家に着いて車を降りました。

すると、息子が改まって言いました。

「マンマ、パパ、ちょっと二人で聞いて!

よ~うやく僕がコロナに感染してないってEが分かったよ!

と。。。

Eちゃんとは、2月末に北イタリアでコロナの感染が広がった時、

息子は日本人だからコロナにかかっている、近づくなと言ったクラスメイトです。

晴れやかな息子の表情とは別に、何だか嫌な予感がする私達。。。

※過去の話(日本人だからコロナに感染していると言われた息子が相手を許すまでシリーズ)はこちら↓

Sponsored link




コロナは中国人、日本人は違う

息子の斜め前に座っていたEちゃんが、息子に対して、息子はコロナじゃないと分かったと言ったそう。

どうして違うと分かったのかと言うと、

Eちゃんが自分のお父さんに我が家の息子がコロナかどうか聞いたところ、

Eちゃんパパは

「彼は日本人だから違う。

コロナは中国人だ。

〇〇(我が家の息子の名前)はコロナにかかってない」

と答えたと...

誤解が解けてすっきりした顔の息子とは対照的に、

私と夫の顔はこわばりました。

Eちゃんの両親がどんな人たちなのかを見聞きしていたので、話し合うつもりはなかったけれども、ここまでだとは。

可愛いパンダでも見て心落ちつけよう

しかし、Eちゃん、半年以上たってもまだ息子がコロナにかかっていると思っていたんだね...

息子に伝えたこと

息子に「それでEちゃんに何と答えたの?」と聞いたところ、覚えていないそう。

(息子はいつも色んなことを覚えていない。勉強に集中しているからだそうだ(;´∀`))

とにかく、

「Eのパパは間違えている。

確かにコロナウイルスは中国から始まった。

でも感染するかどうかに、なに人かは関係ない

ウイルスがあれば、イタリア人でも中国人でもインド人でもフランス人でもアメリカ人でも感染する」

と伝え、そして

「息子はもちろん日本人だけれども、イタリア人でもある」

ということも改めて話しました。

先生には伝えるべき?

さて、この出来事を先生に話すべきかどうかで私と夫の意見が分かれています。

私は「すでに解決済みで今は何の問題もない」と伝えたうえで、こういう出来事があったと話しておいた方がいいのではと思います。

でも夫は、いま問題がないのに先生に話をしてしまうと、あとから何か問題が起った時に「またか、神経質な親だ」とラベリングをされ、ちゃんと話を聞いてもらえないという懸念があると言います。

イタリアのことをよく知っている夫の意見を尊重すべきなのでしょうけど...

モヤモヤ。

仲良しのLくんが金曜日に我が家に遊びに来るので、その時に事情を知っているLくんマンマの意見も聞いてみます。

ランキングに参加中↓

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました