今日のイタリア語:Donetto o Scherzetto !

今日のイタリア語

息子は教会の子ども会に参加しています。

ハロウィンの夜の子ども会イベントの様子はこちら↓。

例年はお菓子を配って歩くのですが、今年はちょっと趣向が変わりました。

Sponsored link




Donetto o Scherzetto !

イタリアはコロナウイルスの影響で3月にとても厳しいロックダウンを経験しました。

経済的な打撃は計り知れず、その影響がいまだ多くの家庭に残っている中、再び規制が厳しくなってきました。

こうした中、例年であれば「Buona festa di Ognissanti !(諸聖人の日おめでとう)」と掛け声をかけるイベントが今年はこうなりました。

「各家庭を一軒ずつまわってdonetto o scherzettoをしましょう」

プレゼントをくれないといたずらするぞ!

今年はお菓子を配る代わりに、長期保存が可能な食品の寄付を募ることにしたのです。

例えば乾燥パスタやトマト缶など、どの家庭でもストックがあるもの。

こうした食品を経済的に困窮している人たちに配るのだそう。

これは素敵なアイデア!お菓子を配るよりもずっといい!

Donettoは「小さな贈り物」という意味。

イタリア語では大きいや小さいを表すときにつけ加えられる語尾があり、Donettoの元の言葉は「Dono(贈り物)」。

例えば、Gatto(猫)→Gattino(小さい猫)/Gattone(大きい猫)という風に変わります。

同じくScherzettoもちょっとしたいたずらという意味で、Scherzo(いたずら/冗談)の変形です。

Donoの同義語はRegalo

贈り物というイタリア語には「Regalo」という表現もあります。

厳密に言うと、

Donoは見返りを期待しないもの、

Regaloは慣習としての贈り物や打算的な意図を持ってされたプレゼント

を意味するようです。

trick or treatはイタリア語で何?

それではオリジナルの「お菓子をくれないといたずらするぞ(trick or treat)」に当たるイタリア語は何かというと、

dolcetto o scherzetto

dolcettoの元の言葉はDolce。

日本でもドルチェはお馴染みですよね。甘いものやデザートを意味します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました