イタリアの猫その2:自立する黒猫さん@イタリアの生きもの

イタリア暮らし

間もなくハロウィン。

ハロウィンと言えば黒猫ということで、

半田舎の我が家から、車で30分ほどさらに田舎に住む知人宅の黒猫さんをご紹介します。

Sponsored link




黒猫さんの性格

猫に縁のない生活をしてきた私は、地域猫の皆さんに会うと、

「どうも皆さん、お元気ですか」となぜか腰が低くなってしまう傾向があります。

地域猫さんにじっと無言で見る目られると、なんだか心の中のすみずみまで見透かされているような、そんな気持ちになるのです。

ところが、この知人宅の黒猫さんときたら、

「触って触って!!もっと触ってぇぇぇ!!」としつこい!

お前さんは犬ですか?

初めて猫を思う存分触って大満足の息子。地域猫さんは近づくことすら許してくれません(^ω^;)

先日のこと。

久々のこのお宅にお邪魔したところ、黒猫さんがすかさず登場。

「触って~!」と甘えるな否や、突然のへそ天!!

仰向けになって「触って…」とこちらをじっと見るではないですか!

衝撃的すぎて写真を撮るのが間に合いませんでした。

猫もへそ天するんですね...。

へそ天する猫に驚きシャッターチャンスを逃した…さすがに犬と違って2度目のへそ天はしてくれなかった

黒猫さんの生活

そんなラブリーな黒猫さんですが、生活は一転してワイルド。

緑豊かな環境の中、自立して生きています。

そう、お食事はハンティング。

お腹がすいたらネズミを捕まえるの一択。

飼い主は一度もご飯をあげたことがないそう。

初めてお邪魔した日も、私たちに見せつけながらネズミをポリポリ食べていました...。

息子は若干ひきつつもじっと観察。

息子よ、これが自然の生きものの在り方だっ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました