イタリアの猫その1:地域猫さん@イタリアの生きもの

イタリア暮らし

身近にいる生きものシリーズ。まずはご近所の猫から。

Sponsored link




地域猫の皆さん

イタリアには「市に届け出を出されたコロニーの猫を移動してはいけない」という法律があるそう。

去勢手術をするなどの条件を満たした場合、地域猫の居住権を認めているんですよね。

色々問題はありますが、動物には優しいイタリア。

愛犬と散歩中だったのですごく警戒する猫さんたち

我が家のあるゲーテッドコミュニティ内にも登録された猫のコロニーがあります。

そして、猫派と反猫派の住民も。

といっても、住民のほとんどは猫のことを全く気にかけていないのですが(ある意味猫派)、ごく少数の反猫派がおりまして...。

反猫派は、猫が嫌いというわけではなくて、上品なコミュニティにして、資産価値を高めたいそう。猫以外についても、そうした方向に動いています。

それに対し、猫派の皆さんは「そもそも人間が身勝手に捨てたのだから」と去勢手術をして猫を見守っています。

それに「ここは田舎で土地もたっぷり余っている」という考え。

そんなある日、大変な出来事が!

猫がいなくなった!!

総勢18匹ほどいた地域猫たちの内12匹が行方不明になりました。

いくら地域猫として人に慣れている猫とはいえ、簡単につかまるものでもないはず...

とはいえ、

反猫派のしわざか...

と、猫派の皆さんの心はざわついていました。

そしてしばらくして、消えた猫さんのうち、一匹の亡骸が垣根の中で見つかり。。。

(T-T)

お医者に診てもらったものの、自然死だったのかそうでないのかは、時間が経ちすぎていたため分からないとのことでした。

ご飯待ちの地域猫さん(猫派の方がご飯をあげています)

猫が帰ってきた!!

それから1か月が経ち...最終的に、ほとんどの猫が戻ってきました!

猫さんの世話をしている人が言うには、行方が分からなくなってから1ヶ月以上が経った頃に、1匹2匹と次々戻ってきたのだそう。

12匹全部が一斉に旅に出るとも考えにくく、

おそらく、どこか遠くに連れていかれ、捨てられたのではないか、

とおっしゃっていました。

よくぞ戻ってきた!!!!

でも、かなりもやもやします...

この出来事はロックダウンされた3月頃の話だったでしょうか。

いま猫たちはは穏やかに過ごしておりますが...油断ならない感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました